Skip
hoiku_mainstage7_1
2020年6月4日(木)-5日(金) 新宿NSビル イベントホール 来場事前登録

主催者セミナー

業界の著名人による必見のセミナー・トークショー

【ご注意】
セミナーの聴講には見本市への来場登録が必要です。
B1Fイベントホール 来場受付にてご登録を済ませてから会場へおこしください。

omameuda

6月4日 1. - 10:30-11:30

新時代の保育の質向上と人材育成のマネジメント
大豆生田 啓友
babytech_sq

6月4日 2. - 12:00-13:00

ベビーテック™️アワードジャパン2020 授賞式および受賞者プレゼンテーション
(株)パパスマイル 代表取締役CEO ベビーテックアワードジャパン2020 審査委員長 永田 哲也
kimukuro

6月4日 3. - 13:30-14:30

「絵本」の未来 「未来」の絵本 ~絵本作家と編集人が語る絵本の魅力~
黒井 健 / 木村 美幸 
kato

6月4日 4. - 15:00 - 16:00

子どもが育つところ、ふじようちえんのひみつ…
加藤 積一
松本理寿輝

6月5日 1. - 10:30-11:30

まちの保育園の実践から考える、まちに開かれた学びの場
松本 理寿輝
IMG_1153

6月5日 2. - 12:00-13:00

育児・保育のこんなのあったらいいなを実現するベビーテック
安田 美沙子 / 永田 哲也
funai

6月5日 3. - 13:30-15:00

保育業界の時流予測&経営 2020 ~少子化時代にも選ばれる園になるために必要な経営とは!?~
中正 雄一 / 迫田 健太郎 / 大嶽 広展
mahyasu

6月5日 4. - 15:30-16:30

みんなで保育を楽しもう!! 子ども達の未来のために。
菊地 政隆 / 安田 美香

聴講予約

本セミナーは優先予約枠を設けさせていただいております。
保育園・幼稚園・こども園・その他施設の関係者の方はこちらよりご予約ください。

その他園関係者以外の方はこちらよりご予約ください。

Text Media

6月4日(木)

乳幼児期の教育・保育はこれまでになかったような大激動期にあります。その中での大きなテーマが保育の質と人材育成です。すべての園で保育の質の確保と向上が求められ、人材不足に対応した人材育成が大きな課題となっています。そうした質の向上と人材育成のためにはマネジメント力が求められます。そこには何が必要か、具体的な例をあげて考えてみましょう。

大豆生田 啓友

omameuda

玉川大学教育学部 教授

青山学院大学大学院文学研究科教育学専攻修了後、
青山学院幼稚園教諭等を経て、現職。

日本保育学会副会長、こども環境学会理事、日本乳幼児教育学会理事、厚生労働省「保育の質の確保・向上に関する検討会」委員(座長代理)、横浜市こども指針策定協議会委員等の社会的活動がある。
NHK・Eテレ「すくすく子育て」出演、NHK・Eテレ「おとうさんといっしょ」総合指導、NHKラジオ「すっぴん」など、メディアに出演。『子どもの姿ベースの指導計画』3巻シリーズ(フレーベル館、2019)、『21世紀型保育の探求-倉橋惣三を旅する』(フレーベル館、2017)等、多数の著書がある。

優れた育児・保育向けIT商品、サービスを表彰するベビーテックアワードジャパン2020の授賞式ならびに受賞者によるプレゼンテーションを行います。

2回目となった今回も様々な受賞者のユニークな商品やサービスを是非ご覧ください。

BabyTech / ベビーテック とは

babytech_sq

Baby(赤ちゃん)とTech(テクノロジー)を組み合わせた造語。妊娠から出産、産後の母親、新生児から未就学(小学校入学前)の子どもを主軸として、育児と保育に携わるすべての人を支えるITサービスと製品の総称。2016年にCESで新しいテクノロジーのジャンルとして紹介されました。

「絵本」とはそもそも何なのか? 保育現場での「絵本」の有効な使い方、「絵本」の深い読み解きの仕方、童謡・童画の未来など、著名な絵本作家とベテラン編集人が魅力的な絵本の世界を熱く語り合います。

黒井 健

kuroiken

絵本作家

木村 美幸

kimura

(株)フレーベル館 取締役 JPIC読書アドバイザー

 

なつかしい未来、Nostalgic Future!!をテーマに、不便による利益 - 「不便益」が大切と考え、子どもが自ら育つ力を発揮できる状況をつくっています。建物は“子どもが育つための道具であり、環境”なのです。他にも様々なことをお話します。当然、秘密も…。

加藤 積一

kato

(学)みんなのひろば ふじようちえん 理事長・園長

6月5日(金)

近年「社会に開かれた学び」の実現は保育・教育における重要なテーマとなっています。どのように地域資源を学びにいかすのか。地域社会に対して貢献できることは?まちの保育園・こども園の実践から考えていきます。

松本 理寿輝

松本理寿輝

まちの保育園・こども園 代表

育児に奮闘中であり、自身の個人事務所を切り盛りするワーキングママ、安田美沙子さん。ベビーテックアワードジャパン2020受賞商品を一緒に見ながら、お子さんたちとの生活の喜びや困りごとを伺い、近い将来の育児・保育にこんなものがあったらいいなというディスカッションをします。

安田 美沙子

IMG_1153

タレント 

1982 年生まれ、京都府出身。タレント、ランナーとしてテレビや雑誌など幅広く活躍。 2014 年に結婚し、2017 年に男児を出産する。食育インストラクター、健康食コーディネーターの資格を取得し、食育活動も行なっている。最近は、日本の文化を学びつつ、日常を豊かにするプロダクトの開発を進めている 。

永田 哲也

nagata

(株)パパスマイル 代表取締役CEO
BabyTech Award Japan 2020 審査委員長

日本の出生数が2年前倒しで90万人を割るという衝撃。2020年を迎える本年は、今までに増して自社の未来を考える年です。その未来のヒントになる指針を業界を代表する2人の経営者と経営コンサルタントが語ります。

中正 雄一

nakasho

(株)グローバルキッズ 代表取締役

迫田 健太郎

sakoda

(福)あすみ福祉会 茶々保育園グループ 理事長

大嶽 広展

otake

(株)船井総合研究所 保育・教育支援部 部長

「やっぱり保育の仕事っていいなー」が想像できる現場での爆笑トークをまじえながら、子ども達の未来のために頑張る皆様に明日から子ども達のために頑張ろう!!という勇気とパワーをプレゼントいたします。

菊地 政隆

Hoiku_Kikuchi

(学)菊地学園 理事長
静岡第一テレビ 歌のお兄さん

安田 美香

yasuda

ホリプロ保育園 えんちょー 

保育博について

出展について

ご出展に関する各種情報はこちらから

詳細

来場について

ご来場に関する各種情報はこちらから

詳細

プレスの方へ

本見本市に関するプレスリリースや最新情報はこちらから

詳細